YKB Menu

Click open menu.

Yanbaru Express Bus

四島線で、
もっと沖縄を、好きになる。

瀬底島から古宇利島までの四島を結ぶ やんばる急行 四島線

About YKB 4 islands line Bus

やんばる急行 四島線は、沖縄本島北部にある「瀬底(せそこ)島」と「古宇利(こうり)島」をのんびり結んで走っています。

途中、水納(みんな)島への船が出る渡久地港、沖縄美ら海水族館、世界遺産・今帰仁城跡などを通ります。

沖縄の日常を身近に感じたり、お客様のペースでゆったりと観光したりと、ほのぼのとした魅力があるバスです。

瀬底島、古宇利島、屋我地(屋我地)島と沖縄本島の4つの島をめぐるので、「四島線」と名付けました。

やんばる急行 四島線の乗り方

やんばる急行 四島線は、市街地を走る路線バスと同じ乗り方でご利用いただけます。

停留所にてお待ちいただき、バスが来たらそのまま乗車して運賃をお支払いください。

支払いには、現金の他電子マネーやクレジットカードもお使いいただけます。

那覇空港と沖縄本島北部を結ぶ「空港線」とは、「本部博物館前」「記念公園前」「今帰仁村役場」などのバス停で乗り継げます。

時刻表を見る

Bus timetable

やんばる急行 四島線時刻表

フリー乗降区間について

やんばる急行 四島線は、バス停以外でも乗り降り可能なフリー乗降区間を設けています。

下記の太線上であれば、どこからでも乗り降りすることができます。

地図をクリックすると詳細ページを表示します。

フリー乗降エリア:瀬底島内

フリー乗降エリア:渡久地港周辺

フリー乗降エリア:今帰仁城跡~今泊交差点付近

フリー乗降エリア:今帰仁城跡入口バス停付近~今帰仁村役場バス停付近

フリー乗降エリア:天底公民館バス停付近

フリー乗降エリア:屋我地島~古宇利島

※古宇利大橋は古宇利島向けのみ乗降できます。

【RYUGIN GOOD PR】で紹介いただきました。

Media

※2020年7月時点での動画の為、現在とは運行ルートが異なります。

ルート・バス停

Root & Bus stop

本部博物館前

やんばる急行 四島線の始発・終点となる「本部博物館前」バス停です。

やんばる急行バス本線からの乗り継ぎ・四島線からの本線への乗り継ぎの両方ができます。

やんばる急行 四島線 本部博物館バス停写真

やんばる急行 四島線 本部博物館バス停写真

今帰仁城跡

沖縄県北部最大の城跡であり、世界遺産ともなっている「今帰仁城跡」です。

一年中観光客で賑わい、1月後半になると、桜が咲く絶景スポットです。

今帰仁城跡 画像

今帰仁城跡入口

国道沿いにある今帰仁城跡へ行く最寄りのバス停です。

やんばる急行バス本線からの乗り継ぎと、本線への乗り継ぎの両方ができます。

赤墓(あかばか)

旧道沿いにある赤墓のバス停車位置です。

写真中央の看板を左に入り進んでいくと、砂浜がある場所に行くことができます。

知る人ぞ知る穴場的なスポット!とても静かで、晴れた日にはとても綺麗な海です。

今帰仁村役場

今帰仁村役場とその向かい側の今帰仁商工会の付近に立っているバス停です。

近くに郵便局もあり、町の中心地点となります。

また、古宇利島から、本部博物館方面へ向かう四島線の最終便は、こちらでやんばる急行バス本線へ乗り継ぐ事ができます。

天底(あめそこ)公民館

今帰仁村の中の道にある天底公民館です。

地元地域の方が乗降によく利用します。

橋の駅リカリカワルミ

今帰仁村本島側から、屋我地島に渡るワルミ大橋の入り口付近にあるスポットです。

観光の方から地元の人まで幅広く利用する施設となっています。

リカリカワルミの後ろからの眺めです。

まっすぐ伸びているのが、「ワルミ大橋」です。この橋を渡ると、屋我地島に行きます。

古宇利島

古宇利島へは「古宇利大橋」を渡っていきます。

海の上を進んでいるようなきれいで爽快な景色が魅力です。

道をまっすぐ進むと古宇利大橋です。その先に古宇利島が見えます。

ここからもうワクワクします。

古宇利島からの海の眺めです。島のどこから見てもこれだけの綺麗な海が見えます。

やんばる急行 四島線を是非乗ってみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ

Copyright (C) 2021 やんばる急行バス All Rights Reserved.